読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外食は蕎麦

外食は蕎麦。主にとろろそば(冷・つけ)、もしくはちくわ天そば。

【池袋】そば処 和邑:しらゆき(そばの中心)+とろろ汁(1700円)

2016年12月10日(昼)訪問

f:id:tsobar:20161211094244j:plain

池袋駅から15分程度明治通りを南下した場所にある蕎麦屋さん。
夕方に池袋で用事があったついでに寄ってみました。

本来の最寄り駅は、メトロ副都心線の「雑司が谷」駅 や
都電荒川線鬼子母神前」なのですが、池袋駅からもそう遠くは無かったです。

もちろんとろろ系の蕎麦を食べたかったので、
「しらゆき」(1200円)に「とろろ汁」(500円)を別に頼みました。

f:id:tsobar:20161211094628j:plain

f:id:tsobar:20161211094647j:plain

『とろろ』オプションで注文。別皿での提供。
 「とろろ汁」というだけあって、初めからとろろをつけ汁で溶かれてあります。
 こちらがカスタマイズするまでも無く、非常に良い塩梅になっています
『麺』しらゆき(そばの中心)を頼んだので、透き通った色になっています。
『つゆ』通常のセットの中に付いてきます。ちょうど良い味。
『蕎麦湯』あり。色(白濁)はちょっとだけ濃いめ。つゆとの相性は抜群でした。

f:id:tsobar:20161211094320j:plain

小腹が空いていたので「鴨ウィンナー」(500円)も合わせて注文。
第一印象は「日本酒を頼めばよかった」という感じ。
普通のウィンナーよりも、濃厚に感じました。
この記事を見て来訪される方は、是非ドリンクも頼んでみてはいかがでしょうか

ちなみにメニューはこんな感じ。

f:id:tsobar:20161211094351j:plain

f:id:tsobar:20161211094408j:plain

実はこの日は朝から何も食べていなかったので
別途「ひきぐるみ(全粒粉)」(1200円)も注文

f:id:tsobar:20161211094442j:plain

こちらは、とても食べ応えがあり、こちらをメインに据えるべきだったかなと
ちょっとだけ後悔。
それぞれ、蕎麦の味に違いがあり、非常にお腹を満たしてくれました。

ちなみにこちらのお店、12席(座敷2席(4人掛け×2)、テーブル2席(2人掛け×2))
しかないので、お昼時に行くと待たされますのでご注意を。

また、私がいる時間で既に「せいろ(十割そば)」「しらゆき(そばの中心)」が
オーダーストップになっていたので、早めの時間帯がいいかもしれません。

改めて、ごちそうさまでした。

 

そば処 和邑そば(蕎麦) / 雑司が谷駅(東京メトロ)鬼子母神前駅都電雑司ケ谷駅
昼総合点★★★★ 4.2