外食は蕎麦

外食は蕎麦。主にとろろそば(冷・つけ)、もしくはちくわ天そば。

【池袋】肉そばジョニー:シビレそば(580円)+麺大盛(100円)

2017年4月28日(夜)訪問

f:id:tsobar:20170505112928j:plain

池袋駅から8分程度の場所(六ツ又陸橋)の近くにある蕎麦屋さん。
開店が2017年3月30日でノーマークだったので
会社帰りに寄ってみました。

頼んだのは、とろろ系のメニューがなかったので、
面白そうな「シビレそば」(580円)を「麺大盛」(100円)にして注文

f:id:tsobar:20170505113717j:plain

食券機があり、カウンターに座って食事をするタイプ。
どんなものが出てくるのかわくわくしていましたが、
来たのはスパイス山盛りになった蕎麦でした。
(横から見るとその量が明確になると思います)

f:id:tsobar:20170505113740j:plain

「これって、ただ辛いだけじゃないの?」と思っていましたが、
程よい辛さで、意外とバランスが良いお蕎麦に感じました。
もちろん、味は非常にジャンキー感が強かったのですが、
このような蕎麦は初めてだったので、ちょっとした新食感を味わうことができました。

このお店、先述の通り開店間もないので、
SNSなどを使った投稿(いわゆる拡散)で、
いなり寿司を一個(購入時は90円相当)をサービスしてくれるみたいです。

f:id:tsobar:20170505113801j:plain


改めて、ごちそうさまでした。

肉そばジョニーそば(蕎麦) / 池袋駅東池袋駅向原駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

【長野市】信州蕎麦の草笛:とろろ蕎麦(950円)

2017年4月24日(昼)訪問

f:id:tsobar:20170505143613j:plain

長野駅構内MIDORI飲食エリア3Fにある蕎麦屋さん。
この日は長野出張(日帰り)で、遅めの昼飯を兼ねて寄ってみました。

頼んだのは、もちろん「とろろ蕎麦」(950円)
注文時に、「中盛」(+500円)か「大盛」(+720円)を付けようと思ったのですが、
店員の方から「かなり量が多くなるので大丈夫ですか?」と注意を受けたので、
標準的なサイズを注文。(400g程度のようです)
ちなみに「大盛」(+720円)の場合は、麺だけで1Kgくらいの量になるようですので、
注文する方は注意してください。
※「中盛」(+500円)の場合は、700gくらいの量だったと記憶しています。

『とろろ』別皿での提供。特にトッピングらしきものはありませんが、
 とろろが非常に硬く粘り気がとても強かったです。
『麺』普通~若干気持ち細いかな?くらいのそば。
 思ったよりも、蕎麦の香りは弱めでしたが、歯ごたえがきちんとあり、
 のど越しもよかったです。
『つゆ』ん~。ちょっと市販の味っぽい気がしました。
 出汁とか風味は弱めですが、とろろの邪魔をしなくて
 いい感じにマッチしていました。
 ちなみに麺の量が多いので、たっぷり用意されていたはうれしかったです。
『蕎麦湯』色(白濁)は普通の濃さ。

f:id:tsobar:20170505143731j:plain

遅めの昼飯だったので
「天ぷら盛合わせ」(1390円)
野沢菜のきざみ漬」(300円)
も合わせて注文。

「天ぷら盛合わせ」(1390円)
 →具はあまり大きくありませんが、非常に丁寧な仕事を
  していると感じられる味でした。
  ちなみに、天ぷらの左側にあるのはかまぼこの天ぷらです。
  ちょっと経験したことが無かったので、あえて記載してみます。
野沢菜のきざみ漬」(300円)
 →良く地方の土産屋にあるような、お漬物の味。
  仕事の途中じゃなかったら、お酒を頼みたいくらいに、
  アテとしてはちょうどよさそうな味でした。

ちなみにメニューはこんな感じ。

f:id:tsobar:20170505143831j:plain

f:id:tsobar:20170505143852j:plain

f:id:tsobar:20170505143909j:plain

f:id:tsobar:20170505143924j:plain

f:id:tsobar:20170505143945j:plain

f:id:tsobar:20170505144001j:plain

お店自体は非常に清潔感あふれたキレイなつくりで、
長野駅構内のMIDORI内にあるために、利便性は非常に高く感じます。
ちなみに、以前別のこのようなお店に行った時も感じたのですが、
駅に隣接している商用施設の蕎麦屋は、大きくハズレがなく
そこそこのクオリティのものを食べることができるので、
今後も積極的に訪れてみようと思います。

f:id:tsobar:20170505144021j:plain


改めて、ごちそうさまでした。

信州蕎麦の草笛そば(蕎麦) / 長野駅(長野電鉄)長野駅(JR・しなの)市役所前駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4

【池袋】大江戸そば:ちくわ天そば(400円)

2017年2月14日(夜)訪問

f:id:tsobar:20170505183451j:plain

JR池袋駅構内にある蕎麦屋さん。
会社の帰りに立ち寄ってみました。

以前行ったことのある
川越駅のいろり庵きらく」「赤羽駅のそばいち」と同じ
日本レストランエンタプライズ』が運営する蕎麦屋さん。

頼んだのは、せいろに乗っているとろろ系のメニューがなかったので、
もちろん「ちくわ天そば」(400円)
川越駅のいろり庵きらく」「赤羽駅のそばいち」の「ちくわ天そば」は
それぞれ、420円、430円と料金が異なりますね。

食券機はありますが、基本は立って食事をするタイプ。
支払いはSuicaで済ませて、カウンタ席へ。
こちらもほんの数分で、出てきました。

味はほぼ100%と言っていいほど、
先述の店舗と同じ味なので詳細は割愛しますが、
やっぱりこのちくわ天は美味しいです。


改めて、ごちそうさまでした。

 

【京都府】松葉 京都駅店:にしんそば(鮭ごはん付)(1500円)

2017年2月2日(夜)訪問

f:id:tsobar:20170505224557j:plain

京都駅新幹線コンコース内にある蕎麦屋さん。
1泊2日の出張のシメに、早めの晩飯を兼ねて寄ってみました。

頼んだのは、とろろ系のメニューがなかったので、
お店の看板メニューである「にしんそば」に鮭ごはんが付いた
「にしんそば(鮭ごはん付)」(1500円)を注文
(金額は消費税別)

中々お高めの蕎麦に感じますが、入っているニシンの棒煮が美味しく
鮭ごはんがみるみる内に、無くなっていきます。
また、出汁(鰹と昆布を合せ出汁)が非常に濃く、棒煮自体が無くても
非常に美味しく食することができました。

ちなみにメニューはこんな感じ。

f:id:tsobar:20170505224637j:plain

f:id:tsobar:20170505224655j:plain

f:id:tsobar:20170505224715j:plain

f:id:tsobar:20170505224733j:plain

f:id:tsobar:20170505224754j:plain

f:id:tsobar:20170505224810j:plain

f:id:tsobar:20170505224831j:plain

このお店は、やっぱり利便性が非常に良いです。
「新幹線コンコース内」にあるという立地的なものに加えて、
JRの施設内ということもあり、交通系電子マネーが使用できますので
京都の老舗の味を、手軽に食することができる
それこそ、時間に追われている人にはベストなお店だと思います。
(コンコース内ということもあり、お店に入りにくい雰囲気もありませんよ)

f:id:tsobar:20170505224928j:plain


改めて、ごちそうさまでした。

松葉  京都駅店そば(蕎麦) / 京都駅九条駅東寺駅
夜総合点★★★☆☆ 3.4

【京都府】田ごと ザ・キューブ店:ざるとろそば(1100円)

2017年2月1日(夜)訪問

f:id:tsobar:20170505232523j:plain

京都駅ビル ザ・キューブの11Fにある蕎麦屋さん。
この日は京都出張(1泊2日)1日目の仕事終わりに、
遅めの晩飯を兼ねて寄ってみました。

頼んだのは、もちろん「ざるとろそば」(1100円)

『とろろ』別皿での提供。特にトッピングらしきものはありませんが、
 とろろが程よい硬さで、自然につゆと馴染む感じがありました。
『麺』普通の太さのそば。
 非常にのど越しが良く、ツルツル食べてしまい
 あっという間に無くなってしまいました。
『つゆ』濃くなく薄くなくちょうど良い加減でした
 先述したように、とろろの邪魔をすることなく
 良いハーモニーを生み出していたと思います。
『蕎麦湯』色(白濁)は普通の濃さ。

あまりにもあっという間に食べきってしまったので
「盛合せ寿司」(1000円)
「わらびもち(二切)」(200円)
も合わせて注文。

f:id:tsobar:20170505232547j:plain

f:id:tsobar:20170505232602j:plain

「盛合せ寿司」(1000円)
 →これは京寿司なのかな?
  お醤油をつけずに食べてみましたが、
  酸味と甘みが強いものの、絶妙な加減で
  とても美味しかったです。
「わらびもち(二切)」(200円)
 →一見、形がしっかりしているので硬そうに見えたのですが、
  実際に口に運んでみると、とても柔らかく
  甘さも絶妙な感じ(控えめ)でした。
  これはデザートに注文して、間違いなかったです。

ちなみにメニューはこんな感じ。
※メニューおよび記載の内容は、消費税抜の金額です。

f:id:tsobar:20170505232824j:plain

f:id:tsobar:20170505232850j:plain

f:id:tsobar:20170505232908j:plain

f:id:tsobar:20170505232929j:plain

f:id:tsobar:20170505232948j:plain

f:id:tsobar:20170505233025j:plain

お店のテナントである、ザ・キューブ自体は伊勢丹と繋がっており、
11Fにあるのですが、エレベータで来ることが可能です。
※間違っても、なが~く長い(とっても長い)エスカレータを
 上らなくても到着できます
 
JRの隣接施設ということもあり、交通系電子マネーが使用できますし
他のお店に比べ、若干閉店時間も遅いので、利便性は高いと思いますよ。

f:id:tsobar:20170505233045j:plain


改めて、ごちそうさまでした。

田ごと The CUBE店そば(蕎麦) / 京都駅九条駅東寺駅
夜総合点★★★★ 4.0

【京都府】しゅばく:京鴨の鴨汁蕎麦(1650円)

2017年2月1日(昼)訪問

f:id:tsobar:20170507235143j:plain

宇治駅(京阪)から、宇治川の上流に向かって少し進んだところ
(3分程度の場所)にある蕎麦屋さん。
出張1日目のお昼に寄ってみました。

頼んだのは、とろろ系のメニューがなかったので、
冬期限定の「京鴨の鴨汁蕎麦」(1650円)を注文

中々お高めの蕎麦に感じますが、まず鴨汁の香りが最高に良く、
十割蕎麦もしっかりしたコシがあって、値段以上の価値を感じました。
鴨肉にも全く臭みを感じず、良い意味のクセ(味わい)が良かったです

ちなみにメニューはこんな感じ。

f:id:tsobar:20170507235308j:plain

f:id:tsobar:20170507235324j:plain

f:id:tsobar:20170507235339j:plain

頻繁に食べることが無い土地での食事だからこそ、
このような食事は非常に記憶に残りますし
非常に満足度の高いお店でした。

f:id:tsobar:20170507235417j:plain

ちなみにお車で来た方のために、
宇治駅(京阪)の近くに駐車場が用意されているみたいです。

f:id:tsobar:20170507235438j:plain


改めて、ごちそうさまでした。

しゅばくそば(蕎麦) / 宇治駅(京阪)三室戸駅宇治駅(JR)
昼総合点★★★☆☆ 3.8

【東京】グル麺東京:ちくわ天そば(440円)

2017年2月1日(朝)訪問

f:id:tsobar:20170507233620j:plain

東京駅の改札内東海道新幹線18、19番線ホーム」にある蕎麦屋さん。
この日から1泊2日の出張の始まりに、朝食を兼ねて寄ってみました。

頼んだのは、せいろに乗っているとろろ系のメニューがなかったので、
もちろん「ちくわ天そば」(440円)

食券機がある立ち食いタイプ。
支払いはSuicaで済ませると、
こちらもほんの数分で、出てきました。

ちくわは衣が若干多めかなと思う程度で、一般的な感じ
つゆも若干濃いめではありますが、私の下にはちょうどよかったです

ちなみに、メニュー(食券機)はこんな感じです。

f:id:tsobar:20170507233645j:plain

f:id:tsobar:20170507233708j:plain


改めて、ごちそうさまでした。